古印体

古印体(こいんたい)とは、元々奈良時代の寺社で使用されていた印鑑の書体です。 当時の印鑑は現在のように精密な文字を作成することができなかったため、線が均一でなく波打った太さの字体になっています。 これをアレンジして線が太めで丸みのある字体にしたのが現在の古印体と言われています。

イメージに近い書体から探す

メーカーから探す

フォント種類別から探す

古印体一覧

販売価格 ¥12,960
(税込)
商品詳細