1. ホーム
  2. 書籍
  3. その他
  4. 資料/リファレンス
  5. Typographie─A Manual of Design|タイポグラフィ─タイポグラフィ的造形の手引き

Typographie─A Manual of Design|タイポグラフィ─タイポグラフィ的造形の手引き

著者:エミール・ルーダー
日本語版監修:ヘルムート・シュミット
日本語版デザイン:ニコール・シュミット
制作統括:白井敬尚
定価:本体8,500円 + 税
発行・発売:株式会社 ボーンデジタル
ISBN:978-4-86246-447-7
総ページ数:276 ページ
発売日:2019年10月18日

スイス・タイポグラフィとは1950年代から60年代にかけて発展した左右非対称のレイアウト、グリッド構造、サンセリフ体、左揃え・行末なりゆきの文字組を特徴とするタイポグラフィのスタイルである。ルーダーは20世紀初頭の実験的タイポグラフィを、戦後の社会や技術環境のなかで独自の実践へと発展させ、世界的な影響力をもった。

1967年にニグリ社より刊行された本書には、ルーダーの教育と実践のなかで培われた、創造的なタイポグラフィのための知見がまとめられている。その幅広い視点や知識にもとづく方法論は半世紀たったいまも、世界各地のグラフィックデザイナー、タイポグラファに重要な考え方として参照され続けている。

本書はその総合的な章立て、説得力のある論証、豊富な図版、的確な解説において高い完成度をみせている。また、掲載されている図版も、ただの参考図のようにみえて、著者の洞察や哲学にもとづいて選択、構成されたものだ。これらの点が本書を単なる「技法書」を超えた名著としているのだ。

刊行から半世紀以上経ってなお版を重ね、数カ国語に訳されつつ世界中で読まれ続けている重要著作を、ルーダーの精神を継承したヘルムート・シュミットが生前にすすめていた日本語版構想を踏まえて翻訳刊行する。

※デザインや紙面は制作中のものです。

販売価格 ¥9,350
(税込)