気になるフォント「教科書体」 – Font Garage

気になるフォント「教科書体」

今回気になったのは、『教科書体』です。
新入学生を迎えるこの時期、この教科書体を使って授業用のプリントを作ったり、この時期お問い合わせが多くなる書体です。

教科書体とは「小学校の教科書で使われる筆書きの楷書体に近いもの」となっていて、文部省の学習指導要領で提示されている字体です。

今回通常の明朝体と「教科書体」で比較してみました。

こうやって並べてみると、文字の懐・大きさが明朝は幅いっぱいに作られているのに対して、教科書体は余裕がある作り(小さめ)に見えます。
「はね」や「押さえ」「とめ」などもよーく見ると、より慣れしたしんだ筆記体に近いのは教科書体だと思います。


教科書体はいろんなメーカーから出ていますが、FontGarageでダウンロードで取り扱いのあるメーカーは主に5社となります。
先日もイワタから「イワタ筆順フォント新教科書体」が発売開始になりました。

ということで「FontGarage 」で扱っているものをご紹介いたします。


【ダイナコムウェア】
DF教科書体


【エヌアイシィ】
JTCナミキ教科書体

JTCナミキかきじゅん1 ※書き順を教えてくれるフォントです!小学1・2年生で覚えるかなと漢字

JTCナミキかきじゅん2 ※小学3・4年生で覚える漢字

JTCナミキかきじゅん3 ※小学5・6年生で覚える漢字


【イワタ】
・イワタ筆順フォント新教科書体 B



【シーアンドジイ】
AR教科書体


【モトヤ】
モトヤ教科書


【フォントワークス】
ユトリロ ※ぽくない名前ですが、こちらも教科書体です


こんな感じで、教科書体も何種類かあります。
特に「筆順フォント」は、一般的な書き順が分かりやすくなっていて、教材にはもってこいかと思います。

実はFontGarageでも、海外の日本人学校で先生をされている方から、現地の方向けの教材として探されている事が多く、お問合わせもよくいただきます。

皆様も「教科書体」をお探しの時は、ぜひFontGarageをご利用ください!