イワタUDフォント

イワタUDフォントは「2009年度グッドデザイン・ライフスケープデザイン賞」(経済産業大臣賞)受賞しています

イワタのUDフォントへの取り組みは、パナソニック株式会社(旧・松下電器産業株式会社)との共同開発プロジェクトまで遡ります。
開発にあたっては国内だけに止まらず、北米、欧州、アジアの ユーザーによる厳しい調査が行われ、「視認性」「判読性」「デザイン性」「可読性」
観点に基づき開発が進められました。最近の日本語では、和文と英文が混在することも多く、「英文+カタカナ」「英文+漢字」のような和文と英文の書体の
親和性といったことにも重点がおかれました。
最終的に完成したゴシックフォントは パナソニック株式会社のコーポレートフォント(PUD フォント)として採用され、
2006年4月以降に発売されたパナソニック製品には、すべてこのフォントが使われています。
そしてイワタは2006年10月、フォントベンダーとして初めてUDフォントをパッケージ化した 「イワタUD ゴシック(L/R/M/B/E/H)」をリリースしました。

イワタUD ゴシックは、表示パネルなどに適した「表示用」と長文のために“かな”を変更して可読性を高めた「本文用」の2種類のフォントを
1パッケージに同梱することで、書体の使用範囲を格段に広げ、多くの企業に採用されました。
各業界のUD明朝への期待度は非常に高く、イワタでは標準書体としての「UD 明朝R」と長文のために“かな・英数”を最適化して可読性を高めた「UD明朝R かなA」を同梱することで、様々な用途に対応できる書体としています。


イワタUDフォントの特徴

イワタUDフォント一覧


イワタLETS
イワタUDゴシックL 表示用/本文用 入会金と年会費で イワタ全書体(※)の使用権利を
得ることができるプログラムです。
 

※現在、イワタUDフォントは、パッケージもしくはイワタLETSでのご提供となります。ダウンロード販売は未定です。

イワタUDフォント書体見本

■イワタUDゴシックL

イワタUDゴシックL

■イワタUDゴシックR

イワタUDゴシックR

■イワタUDゴシックMイワタUDゴシックM


■イワタUDゴシックB

イワタUDゴシックB

■イワタUDゴシックE

イワタUDゴシックE

■イワタUDゴシックH

イワタUDゴシックH

■イワタUD丸ゴシックL

イワタUD丸ゴシックL

■イワタUD丸ゴシックR

イワタUD丸ゴシックR

■イワタUD丸ゴシックMイワタUD丸ゴシックM


■イワタUD丸ゴシックRイワタUD丸ゴシックR


■イワタUD丸ゴシックBイワタUD丸ゴシックB


■イワタUD丸ゴシックEイワタUD丸ゴシックE

UDフォント取扱いメーカー一覧

UDフォントを取り扱っているメーカーのご紹介です。

メーカー イワタUD

【イワタ】
UDフォントの先駆者
(2006年発表)

モリサワUD

【モリサワ】
モリサワ作成のUDフォント
(2009年発表)

ヒラギノUD

【株式会社SCREEN GP※旧 大日本スクリーン製造】
有名なヒラギノ版 UDフォント
(2009年発表)

ヒラギノUD

【タイプバンク】
ユニバーサルデザイン書体シリーズ (2009年発表)

モトヤUD

【モトヤ】
UD対応フォント
(2010年発表)

販売
形態
パッケージ
イワタLETSにも収録

モリサワパスポーのみに収録

モリサワパスポートにも収録

モリサワパスポートにも収録
×
モトヤLETSにも収録
ダウンロード × ×