• ダウンロードフォントから書体で探す
  • パッケージフォントから書体で探す
  • 白舟書体
  • 千都ライブラリー
イワタ

イワタおすすめパッケージフォント

イワタライブラリーおすすめダウンロードフォント

イワタLETS

イワタLETS

『イワタLETS』はフォントワークスが提案する全く新しいカタチの“包括的なフォント環境サポートプログラム”です。 入会金と年会費でイワタ全書体(※)の使用権利を得ることができます。
もちろん、新書体の追加やバージョンアップなどの追加料金は一切必要ありません。

使用許諾

恐れ入りますが、内容によって、別途契約が発生する場合もございますので
詳細はメーカーにお問い合わせ下さい。

新着情報/お知らせ

制作秘話/使用事例など

ヒラギノUD角ゴW4/W6

イワタのUDフォントへの取り組みは、パナソニック株式会社(旧・松下電器産業株式会社)との共同開発プロジェクトまで遡ります。開発にあたっては国内だけに止まらず、北米、欧州、アジアの ユーザーによる厳しい調査が行われ、「視認性」「判読性」「デザイン性」「可読性」の観点に基づき開発が進められました。 最近の日本語では、和文と英文が混在することも多く、「英文+カタカナ」「英文+漢字」のような和文と英文の書体の親和性と いったことにも重点がおかれました。最終的に完成したゴシックフォントは パナソニック株式会社のコーポレートフォント(PUD フォント)として採用され、 2006年4月以降に発売されたパナソニック製品には、すべてこのフォントが使われています。 そしてイワタは2006 年10月、フォントベンダーとして初めてUDフォントをパッケージ化した 「イワタUD ゴシック(L/R/M/B/E/H)」をリリースしました。

イワタUD ゴシックは、表示パネルなどに適した「表示用」と長文のために“かな”を 変更して可読性を高めた「本文用」の2 種類のフォントを1 パッケージに同梱することで、 書体の使用範囲を格段に広げ、多くの企業に採用されました。
2008 年4 月には「イワタUD 丸ゴシック(L/R/M)」を リリース、そして
2009 年10 月には待望の「イワタUD 明朝(R)」がリリース。
各業界のUD 明朝への期待度は非常に高く、イワタでは標準書体としての「UD 明朝R」と長文のために“かな・英数”を 最適化して可読性を高めた「UD 明朝R かなA」を同梱することで、様々な用途に対応できる書体としています。
ウェイトR とM の中間となる「UD ゴシック(RA)」をはじめ、「UD 丸ゴシック(B/E)」、「UD 明朝(M/D)」が 順次リリースされています。