気になるフォント 夏の似合う書体『筆文字』フォント

◆夏の似合う書体『筆文字』フォント

いよいよ夏も真っ盛り!ますます残暑がキビしくなってきましたね!
夏のイメージといえば「祭り」「花火」「海」「スイカ」などのように全国共通で通じるイメージがあると思います。

例えば、祭りの案内ポスターはインパクトがあるものや、絢爛豪華なイメージが盛りだくさんのものなど様々ですが、そんなイメージを伝える為に使って外さないのは、なんと言っても「筆文字」でしょう。

今回は、そんな夏にぴったりの「気になる筆文字」をご紹介します。


夏祭り
※昭和書体 闘龍 + Adobe Stock



いきなりですが、みなさん「FontGarage」の検索シミュレーションは使ってみましたか?



 ということで試しにFontGarageの検索窓に「祭りに花火だ!海スイカ、夏!」と打ち込み「フォントカテゴリを指定」で’その他毛筆書体’を選択して検索してみました!
みなさんもぜひ試してみてくださいね!


 【鯨海酔侯】
 ・やはり、質の高い筆文字といえば「白舟書体」!
  その中でも「鯨海酔侯」は鯨海(土佐湾)酔侯(酔っぱらい)(げいかいすいこう)という意味を持つ、豪快で大胆、それでいて哀愁も併せ持つフォント。
鯨海酔侯


 【武骨】
 ・同じく「白舟書体」の「武骨」!
  その名の通り、ゴツゴツした中にも1本芯が通ったフォントです。
武骨


 【雷神】
 ・続いて、人気の筆文字フォントメーカーの「昭和書体」から、
  カミナリをイメージさせる力強さの「雷神」。
雷神


 【豪龍】
 ・同じく「昭和書体」から「豪龍」です!
  力強く、そして印象的。
豪龍


とここで、みなさん 暑中見舞いはもう出されましたか?



「暑中見舞い」でよく見かけるのはやはり筆文字ですね。

調べたところによると 8月8日までは「暑中見舞い」それ以降は「残暑見舞い」になるようです。
同じ夏に出すハガキなのに、出す時期で文言が変わる訳です。

言われてみると暑中見舞いの方が暑さ真っ只中で、まだまだこれから暑さが続くイメージがあります。
それと変わって、残暑見舞いは少し涼しさを感じられるフォントが似合うような気がします。


例えば
 〜 暑中お見舞いの場合 〜
 【京円】
 ・こちら「白舟書体」の「京円」 !
  力強く、キレイなフォントです。
京円


 〜 残暑お見舞いの場合 〜 

【SモトヤEX新楷書3】
 ・むしろ筆文字から離れてみる!「モトヤ」の「SモトヤEX新楷書3」もなかなキレイです!   
SモトヤEX新楷書3


暑中見舞い筆文字使って作りたい方や、お祭りグッズを自作したり、ブログで画像に文字を合わせたりしたい時、今回ご紹介した筆文字フォントたちを頭の片隅にでも思い浮かべてみてくださいね!
  
 FontGarageで取り扱いのある 「筆文字フォント」※ご購入はこちらから!


 みなさんも気になったらぜひチェックしてみてくださいね!